Menu

入試情報入試情報

  1. トップページ
  2. 入試情報

2022(令和4)年度 予定

学  科
(コース)
普通科
教育探究コース
普通科
幼児教育コース
普通科
進学総合コース
看護科・看護専攻科
5年一貫
募集人数 35名(男女)
専願・併願
70名(男女)
専願・併願
105名(男女)
専願・併願
70名(男女)
専願
受験資格 2021(令和3)年度中学校卒業見込みの者・2020(令和2)年度卒業者
志願書
提出期間
2022年1月20日(木)~1月31日(月)9:00~16:00(日曜日除く)
※卒業生優遇制度を申請する場合は、入学志願書と同時に郵送してください。
持参
窓口/午前9時~午後4時(土曜日は正午まで。日曜日は除く)
郵送
簡易書留の場合は、1月31日の消印有効。※入校時は、マスク着用。上履き持参でお願いします。
検定料 20,000円
入学試験 学力試験
2022年2月10日(木)午前9時開始
【科目】国語・数学・英語の3科目

面接試験
【看護科】2月10日(木)午後1時10分(予定)
【普通科(専願のみ)】2月11日(金)午前9時開始

持ち物
受験票・筆記用具・上ばき・昼食(看護科のみ)

※入学試験の選考には、上記試験に加えて中学校調査書も加味し、総合的に判定します。
第二志望について 普通科
希望があれば第二志望を選択することができます。
その場合、第一志望で選択したコースは選べません。
第一志望を専願で出願する場合は第二志望も専願となります。
第一希望を併願で出願する場合は第二志望も併願となります。
看護科
普通科(教育探究コース・幼児教育コース、進学総合コース)
を第二志望として、出願することができます。
その場合、専願と併願のいずれかを選択することができます。
合格発表 2022年2月12日(土)郵送による
※2月11日に発送手続きをしますが、受験生の居住地により、2月12日以降の到着となる場合があります。

入学手続

[専願者]2022年2月19日(土)
[公立併願者]2022年3月17日(木)午後
※時刻は本校より別途指定

納入金(2020年度実績)
●入学金20万円
(納入後は事情の如何にかかわらず返金しません)

※修学奨励金制度(専願者のみ)
  受験生の保護者または祖母が本校卒業生の場合、兄姉が本校在学生または卒業生の場合、
  所定の手続(出願時に「修学奨励金申請書」を提出)をとられた方について入学金を半額免除します。
  (詳しくは入試広報室まで)

●入学手続時諸費用
  普通科:男子 約88,000円 / 女子 約97,000円
  看護科:男子 約210,000円 / 女子 約215,000円
  入学手続時諸費用には、制服、体操服、入学前課題、辞書、一部看護専門書、実習服などが含まれます。

授業料等(2021年度予定)

普通科・看護科 看護専攻科(1・2年共)
授業料等(年額)教育充実費を含む 600,000円  ※1 900,000円

※1 支援金、補助金対象。経済事情により負担額が変わります。

年間諸費用(2020年度実績)

1年次 2年次 3年次
教育探究コース 272,600円
(前後期分割)
253,000円
(前後期分割)
93,000円
(前期一括)
618,600円
幼児教育コース
(前期一括)
110,600円 101,000円 83,000円 294,600円
進学総合コース
(前期一括)
110,600円 101,000円 83,000円 294,600円
1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
看護科
(前期一括)
259,820円 161,000円 169,000円 - - 586,820円
看護専攻科
(前期一括)
- - - 108,000円 137,500円 245,500円

※年間諸費用には教材費(教科書代含む)・PTA会費、生徒会費、校外学習費・スクールランチ費・旅行積立金等が含まれます。
※詳細は募集要項(12月発行予定)にてご確認下さい。

授業料納付支援制度


授業料の全額事前納付必要なし!!

一時負担も含め、授業料負担額 0円!!

※大阪府在住で世帯所得年収約590万円未満の場合
※入学金及び諸費用は別途必要です

本校独自の助成制度の利用で、経済的負担を大幅に軽減!
本校には、独自の授業料納付支援制度があります。
現在、国や大阪府が高等学校等就学支援金制度、私立高等学校等授業料支援補助金制度により、世帯収入によっては授業料が実質無償化になっています。
しかし、大阪府下の多くの私立高校では、授業料等の実質負担額がゼロのご家庭でも、一旦納付を保護者に求め、所得に応じて国や大阪府が支給する支援金や補助金を、後から返金するという授業料徴収方法を実施しています。
本校では一定の条件(大阪府内に在住で、1 世帯当りの所得が年収約590万円未満のご家庭の方)のもと、支援金や補助金の概算を入学前に計算し、あらかじめ差し引いて請求する「一時負担を軽減する制度」を実施しています。これにより、上記条件のご家庭の場合、納付していただく費用は諸費用のみとなります!
併せて、大阪府下在住で1世帯当りの所得が約590万円以上約910万円未満の世帯や、奈良・和歌山県在住の方に対しても授業料等の一部補助措置を講じますので、多くの世帯について負担が軽減されます。
対象のご家庭や詳しい制度の内容は以下をご覧ください。

助成制度

2021年度予定  〈全日制・標準授業料60万円〉※1の場合

表

※1・・・  4人世帯(夫婦どちらか一方が働き、子ども2人〈16歳以上19歳未満1人、16歳未満1人〉)のケースです。
※2・・・  同一の保護者(親権者)に扶養されるこどもが2人以上いる世帯の場合、保護者負担額が30万~0円に段階的に軽減されます。
《他府県在住者》所得により国からの就学支援金(給付)0円~396,000円(年額)のみ受給することができます。