救急の日

2017.09.12

9月9日(土) 救急の日
松が丘地域の防災訓練が本校体育館で実施されました。
看護専攻科2年生22名が、臨地実習の合間に参加。地域の方々と救命救急について実技講習を実施しました。専攻科2年生では「災害・救急看護」の科目を学びます。臨地実習の合間に講義があるため、実技はまだ演習していませんが、グループに分かれ、心肺蘇生法について地域の方々に説明する姿はさすが最終学年。河内長野消防署の方々と一緒にしっかりと説明し、お手本の実技を実施していました。地域の方々はとても熱心で、質問もたくさんありました。学生からは、「実際にするのは難しかったが勉強になりました」という声がきかれました。