大阪暁光高等学校

看護科・看護専攻科

5年一貫看護師課程(男女共学)

  1. トップページ
  2. 学校紹介
  3. 看護科・看護専攻科
20歳で看護師になれる!
看護師までの流れ

看護師への夢を実現!

学びの特徴

【 カリキュラム 】

5年一貫で看護師に必要な知識・技術・態度・コミュニケーション力を身につけていきます。本科では看護師国家試験受験資格が得られ、実習で経験し学んだことをベースに、国家試験対策を行いながら看護師国家試験合格率100%を目指します。はじめの3年間は、普通教科と看護に関する基礎的内容を学びます。専攻科2年間で、教養科目と専門性・応用性の高い看護の専門科目を学びます。生命の尊厳と正面から向き合い、人間力と感性を磨き、スペシャリストとして看護の心を育てます。

高校3年間 看護の基礎をしっかり定着
宗教 1 芸術 2 看護臨地実習 11
国語 10 外国語 10 成人看護 2
地理歴史 7 看護情報活用 2 老年看護 1
公民 4 人体と看護 3 小児看護 1
数学 10 疾病と看護 4 母性看護 1
理科 8 生活と看護 3 精神看護 1
保健体育 7 基礎看護 8 HR 3
看護専攻科2年間 より実践的に看護の学びを深める
1年次 物理学
心理学
社会学
教育学
人間関係論
英語
解剖生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
生化学
病理学
病態学Ⅰ・Ⅱ
薬理学
臨床診断学
看護学概論
基礎看護技術論
臨床看護総論
成人看護学概論
成人臨床看護諭Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
成人看護実習Ⅰ
老年看護学概論
老年臨床看護諭Ⅰ・Ⅱ
老年看護学実習
小児看護学概論
小児臨床看護諭Ⅰ・Ⅱ
母性看護学概論
母性臨床看護諭Ⅰ・Ⅱ
精神看護学概論
精神臨床看護諭Ⅰ・Ⅱ
在宅看護概論
在宅援助諭Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
医療安全
2年次 人間と環境
憲法学
スポーツ健康科学
文化芸術論
医療諭
公衆衛生学
社会福祉
関係法規
成人看護学実習Ⅱ
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
看護管理学
災害・救急看護
統合看護実践論
在宅看護諭実習
看護の統合実習

看護科・看護専攻科5年間の学び

学び

魅 力

載帽式

看護専攻科

看護専攻科

5年一貫看護師養成課程は、高校看護科の3年と看護専攻科2年合わせて、看護師国家試験を受験し、看護師になる課程です。 高校3年間の看護の単位を取得した者は、看護専攻科に進級し、本格的に看護専門科目を学びます。看護専攻科1年生は、講義中心に、看護専攻科2年生は、各看護領域の臨地実習中心に学びます。

先輩ボイス

先輩ボイス

命の尊さや日常生活、社会復帰のための援助の必要性など感じることができました
清野 真由さん
看護専攻科2年
(羽曳野市立河原城中学校出身)

私が看護専攻科へ進級するにあたって、一番の目標は、「自分の看護観」を見つけることです。正直、自分は本当に看護師になりたいのか?と自問自答することがあります。しかし、最近ある刺激をうけて「自分の看護観を見つけたい」「困っている人に寄り添って、その人の為に何かしてあげたい」と少し思うようになったのです。その刺激とは、看護職フェアで、ある看護師さんから、看護への考えをたくさん聞かせていただいたことです。その方は認定看護師で、「資格をとるって本当に大変そうですね」とたずねたところ「全く苦労しなかったわけではないけど、仕事が楽しくてもっと勉強したいって思えてるから大変ではなかったよ!」と話してくださいました。その看護師さんが働いておられる病院は百床弱ですが、その分多職種の人との距離が近く、色々な話し合いができるのだそうです。他職種の人達と話すことで多様な角度で看護について考えるようになり「自分はこんな看護がしたい!」「そのためにはもっと知識を深めよう」と思うようになったそうです。私も、知識を深めていくことを通して、患者さんに「私の看護」を提供できるようになりたいです。

先生からのメッセージ

患者に寄り添い誠実な看護師を一緒にめざしましょう
青柳 安子 先生 /看護科・看護専攻科 科長
看護は、いのちに寄り添う崇高な専門職業です。看護師を目指すきっかけは、つらい思いをされている患者さんの役に立ちたいという優しい思いからです。看護師は、誕生したばかりの赤ちゃんから、人生の大先輩である高齢の方々まで多くの患者さんに接する、やりがいと誇りが持てる仕事です。また、患者さんの笑顔を見ることで、頑張って良かったと思える仕事でもあります。高校生という感性豊かな時期に、看護師として必要な人間性・知識・技術を学び、一緒に夢を実現しましょう。

青柳先生

輝き続けている卒業生からのメッセージ!

檜山

檜山 未咲希さん
看護科3年 (堺市立日置荘中学校出身)
現在高校生活3年目ですが、とても楽しくスクールライフを送っています。5月の臨地実習では、初めて患者さんを受け持たせてもらいました。実習を進めていくと患者さんに援助する機会も増え、求められることも多くなっていきましたが、たくさんの学びを得ることができました。改めて患者さんには感謝しています。臨地実習はとても大変ですが、重ねるごとに自分の将来に近づくことを実感させられます。私は患者さんに寄り添える看護師になれるよう、しっかり学んでいきたいです。

中杉

中杉 友城さん
看護科2年 (河内長野市立長野中学校出身
初めての病院実習では、病院内施設や、看護師さんが行う患者さんのバイタルサイン測定や清拭などの方法を見学させてもらいました。先輩であるプロの看護師の仕事を間近で見て、今まで以上に「看護師になりたい」という思いが強くなりました。そういった経験や学びが僕の中で良い刺激になっています。これからも努力を惜しまず、理想の看護師像を模索していきたいと思います。

person1

person2

person3

person4

Copyright © 2018 osakagyoko highschool. All Rights Reserved.